いつもの風景

1月16日火曜日、現地時間の朝6時半のラジオゾンデ放球が、2ヶ月間に及ぶ集中観測の最後となりました。その後、現地に滞在していたJAMSTEC職員は、BMKGやBPPTの職員とともに、データ回収や測器の撤収作業を行いました。中には100㎞離れたエンガノ島までフェリーで渡り、自動地上気象観測装置を0泊3日(船内で2泊)で撤収した作業も含まれます。こうして、1月19日には、今回の集中観測のために特別に展開した機材はすべて片付けられました。最後まで現地に残っていた研究者も1月20日土曜日には無事帰国し、これをもって、本当にYMC-Sumatra 2017集中観測期間が終了した、と宣言できることになりました。

観測に参加した研究者や技術員、学生の皆さんはもちろん、数値予報を出し続けたモデル班、後方支援の事務の方々、観測許可取得に奔走してくださった文部科学省、外務省、在インドネシア日本大使館、そしてインドネシアのBMKG、BPPT、研究技術高等教育省、防衛省、外務省など政府関係機関、ベンクル州政府と地元関係機関の皆さん、改めてご協力に感謝致します。観測は毎回そうですが、研究目的があり、よいデータを取得するために、計画立案・準備と進むのですが、なにより大事なことは事故なく終えることです。今回も達成することができました。まして、今回は大規模場の特徴としてはラニーニャ現象の発生した状態での観測となり、2015年に実施したpre-YMCキャンペーンとは異なる様子をいくつも捉えることにも成功しています。研究者は解析や数値モデル研究を進め、このデータの意味するところを明らかにしてゆきます。

写真は16日の朝に集中観測が終了したその数時間後、現地空港測候所の職員によるパイロットバルーン観測の様子です。ラジオゾンデ観測は1日8回から00Zと12Zの1日2回に戻り、06Z(現地の正午過ぎ)には、こうして色のついたバルーンだけを放ち、方位角と高度角を目で追いながら、上空の風を計測しているのです。当たり前ですが、現地測候所はいつもの風景に戻っていました。帰り、測候所のある空港を飛び立った機内から、稜線に沿って発達している雲が見えました。今回は会う機会がやや少なかったものの、これも、いつもの風景です。(KY)

End of YMC-Sumatra 2017 IOP

Tuesday, January 16, 2018

At last, today has come. Yes, we could successfully complete the intensive observations on and off Bengkulu to study weather and climate systems for two months as the first IOP under the YMC.
(KY)

ps.
Ohhh, please don’t forget the MJO convection is approaching! Although our IOP has ended today, routine observation by the local agencies will continue, and such data will also be available for the YMC community. This is a great advantage of YMC!

IOP Ending Eve

Monday, January 15, 2018

The end of YMC-Sumatra 2017 IOP is approaching. Although today is not the day of ending but eve, we had a meeting, where we expressed our sincere thanks to the local including the state government, navy, police, port authority, airport authority, University of Bengkulu, BPPT, and BMKG.

Over 50 people attended. I’m sure we, YMC-Sumatra 2017 participants, will soon come back here to report our results, since feedback to the local is required as one of major YMC activities. (KY)

IOP Ending イヴ

2018年1月15日(月) 晴れ

 

YMC-Sumatra 2017 集中観測期間もいよいよ明日が最終日です。
1日早いですが、集中観測に協力してくださった地元の州政府、海軍、警察、港湾当局、空港当局、さらにラジオゾンデやレーダー観測などを担当した気象・気候・地球物理庁(BMKG)の各セクションの職員はもちろん、技術評価応用庁(BPPT)やベンクル大学の教員と学生、そして複数の地元メディアまで総勢50名を超える参加を得て、IOP報告会を開催しました。冒頭、観測風景のスライドショーが流れた後で、BMKG研究開発センター局長のUrip博士から、今回特に主要活動となったラジオゾンデ観測について、各種統計情報(到達高度分布や、最低・最高到達高度に達した担当者の発表-ただし、別にそれで良し悪しが言及されるわけではありません!)を交えて順調に観測が行われたことの報告がありました。JAMSTECからは、YMC研究コミュニティを代表して、最初のIOPが事故・トラブルなく終わろうとしていることに謝意を示すと同時に、初期解析結果を数例提示し、最後に今後の活動予定を紹介しました。今後発表される多数の論文によって、ブンクル(※)の名は有名になるであろうことを、そしてまた、近い将来ブンクルに成果還元となる成果を持って報告会を行うために研究者が戻ってくることを。報告会最後には、参加・協力の証として、謝意を記した証明書が各機関の代表者に手渡され、記念撮影が幾度も行われました。(KY)

※ … 集中観測の行われた “Bengkulu” は、日本語表記では一般に「ベンクル」と記されます。しかし、実際の発音は「ブンクル」に近いです。このため、本ブログにおいても、現地に赴いた研究者からの投稿記事では、しばしばベンクルではなく、ブンクルとしたためられています。ご確認ください!

Farewell to Indonesia

Forty days passed swiftly by since R/V MIRAI entered Indonesian EEZ, and today she left it. We have made lots of observations during the period, including more than 350 radiosonde soundings, more than 220 CTD casts, more than 220 TurboMAP casts, and nearly 9,000 volume scans of weather radar. Luckily, we performed almost all of the observation items we had planned, and we completed 3-hourly routine observations without missing data at the station point. Our final radiosonde launch was done in the presence of the captain and security officer, only 2 hours before the leaving, which was successful as usual. I, as the chief scientist of this research cruise, am most grateful to all of the researchers, technicians, and vessel crew from the captain on down for their great efforts. (Satoru Yokoi)

Happy New Year from Bengkulu and Happy Rain Coming!

After 2 weeks off from Bengkulu, I came back here again for continuing the radar and balloon observation. The situation was slightly changed from last month, it was dry and less rainfall last month but when I came here three days ago, the condition much more humid, cloudy, even rain like today. We just have rain with strong wind around 11 AM today.

During the observation at BMKG Fatmawati, young observer come here to study about rawinsonde launching, they are university students from Bengkulu University. One of the BMKG Staff teach them how to operate the system and launch the balloon, they look happy, enthusiasm, and eager to learn. They may become new scientist in the future! (Credit photos by Dr. Wu). RS.

Bengkulu was hit by surface wind gust

In the evening on January 5, 2018, Bengkulu was hit by a surface wind gust. A sudden strong northwesterly wind occurred at 19:20 LT (12:20 UTC), and continued for about 30 minutes, with a maximum wind speed of 18.5 m/s (Fig.1). One of the ventilated case for meteorological instruments of BMKG was sadly crushed by the strong wind (Fig. 2). Radar observations showed that at 17:00 LT, a squall line which was orientated northeast-southwest over the sea to the northwest of Bengkulu moved southeastward, approaching to Bengkulu. Then, at 19:20 LT, the squall line passed over Bengkulu Meteorological Observatory (Fig. 3, 19:30 LT), accompanied by the strong gust of wind. Often, gusts of wind have large influence on landing and takeoff of airplanes. Therefore, observation data obtained from the YMC field campaign are useful for study of the mechanism of surface wind gust formation, improving our knowledge and prediction of strong winds.
(Dyah, Dodi and Wu)

We deeply appreciate Indonesian colleagues’ support

Indonesian colleagues from BPPT and BMKG visited the R/V Mirai at Jakarta port today. The chief scientist, Dr. Satoru YOKOI, expressed our deep appreciation for their great support and emphasized the importance of continuous cooperation for the air-sea interaction observations. Indonesian colleagues made a tour of the vessel’s equipments and fruitful discussion with us. Again, thank you very much for your cooperation.

Motesaku

ようこそみらいへ。

ジャカルタ入港中のみらいに観測の様々な支援をしてくださったBPPTおよびBMKGの皆様が訪問してくださいました。今回の観測航海の首席研究者・横井さんから支援に対する感謝と観測協力継続の重要性が伝えられました。船内見学では、みなさんが熱心に質問も交えて参加されていました。

モテサク