月夜の観測

雨の夜も、風が強い夜も、波が高い夜も続く3時間毎観測ですが、今夜は満月の下で穏やかに観測です。

月明かりがあると雲の種類や量、雨雲到達までの時間が判断できて、とても便利です。
一方、光を使ったライダーの水蒸気観測では、月光がノイズの原因になることもあります。

ライダー担当としてデータへの影響も気になりつつ、夜空に探しているのは月の虹。
月光を反射した夜の淡い虹を数年前の航海で見てから、もう一度見たいと願っているのですが、そろそろ夜が明けそうです。

残りの観測も穏やかな夜になりますように。

(KT、写真提供:NME観測技術員)