手放球練習

いよいよ明日から「みらい」MR20-E01航海のラジオゾンデ集中観測が始まります。

ラジオゾンデ観測は、気象センサーが取り付けられた風船を上空に飛ばし、雲・降水
活動に関わる大気環境場のデータを地上から高さ〜20kmまで取得します。

普段はラジオゾンデコンテナ内から機械によって風船を飛ばしますが、悪天候などの
場合手動で風船を飛ばすこともあります。本日の午後は、集中観測準備の一環とし
て、手動放球の練習を行いました。

「みらい」周辺に雲・降水活動が活発化になり、ラジオゾンデ集中観測を待ちに待っ
ているようです。

ARGOフロート投入

出港して5日目になりました。航海に初参加の筆者は毎日、船酔いに苦しんでいるところです。乗船している他の皆さんが平然としているのが不思議でなりません。

さて、昨日はARGOフロートの投入作業がありました。ARGOフロートは海洋を海流にのって移動しながら、プログラム通りに下降、上昇を繰り返して海水温などのデータを取得します。そして、取得されたデータはARGOフロートから衛星を経由して陸上へ送信されます。ARGOフロートは投入された後、数年ほど動作し続けるということです。

ここからARGOフロートはどこかへ戻ることもなく、誰かに回収されることもなく、海洋を漂っていきます。そう考えると何だか寂しいようにも感じられます。それでも、ARGOフロートが取得したデータは、世界中の研究者が大気海洋の現象を解析するのに役立つのだから、それで役割は十分に果たせるのだろう、とARGOフロート投入の作業を見ながら思っていました。

(SS)

「みらい」航海開始!

前日までの梅雨空とはうって変わり、今日は朝から良い天気となりました。東海地方や関東甲信地方では梅雨明け宣言もなされたそうです。

そのような、天候の季節進行としては節目の日の朝9時、研究船「みらい」は静岡市の清水港から出港し、一路、西部熱帯太平洋へと航走をはじめました。YMC-BSM 2020集中観測の要、「みらい」MR20-E01航海のはじまりです。

本航海では、パラオの北方海域に約1ヶ月間滞在して大気・海洋物理観測を行い、雲活動や海洋構造、大気海洋相互作用に関するいろいろなデータを取る予定です。

7月は、台風がひとつも発生しないなど、西部熱帯太平洋では雲活動があまり活発ではない月でした。その間、雲活動をもたらすエネルギーが使われずに蓄えられ続けたことになります。この蓄えられたエネルギーが定点期間中に解放されて雲活動が活発化するのではないか? そうすると、興味深い現象をたくさん観測で捉えられるのではないか? と今から期待が膨らみます。

航海は、もちろん安全第一です。特に今航では、新型コロナウイルス感染症が収束の兆しをみせない現状を受け、感染症対策にも万全を期して観測に臨んでいきます。

(SY)

YMC-BSM in Vietnam is finished

We successfully finished the YMC-BSM observation in Ha Noi and Ho Chi Minh, Vietnam. The obtained data will be utilized in the study on the water and ozone transportation due to the Asian summer monsoon. I thank all the staff of the Vietnam Meteorological and Hydrological Administration for their great effort in getting the valuable data. (SYO)

無事観測が終わりました!

2018年7月28日(土)快晴

昨日の夜間観測が無事終わり、予定していたすべての観測が終わりました。サポートしていただいた現地の皆様、バンドンから来ていただいた皆様、パダン大学の皆様、本当にありがとうございました。
写真は、Sさんのレクチャー後の集合写真、観測最終日に学生や現地スタッフと撮った写真、ミーゴレンタレットスペシャルです。(tk)

 

YMC-BSM in Vietnam

We have been conducting upper air ozone and water vapor soundings in Ho Chi Minh and Hanoi, Vietnam in collaboration with Vietnam Meteorological and Hydrological Administration. The purpose of this observation is to clarify the ozone and water vapor exchanges between the mid-latitude stratosphere and the tropical troposphere associated with the Asian summer monsoon circulation. We started the observation on June 29 at the Ho Chi Minh observatory and on July 2 in the Hanoi observatory, and have been launching the balloons once in two days at the both observatories. (SYO)

ゾンデセンサー放球!

2018年7月16日(月):曇り時々雨のち晴れ!

てるてる坊主&晴れ男(女)観測員が本領を発揮し(?)、午後、雨は無事上がり、ゾンデセンサーを放球できました!

観測当日の準備は、放球時間の2時間ほど前から開始。各ゾンデを調整し、ひとつに組み上げます。
ある程度組み上げたら、空をみて放球可能か確認。気球の準備(水素ガス入れ)を開始するか判断します。
気球とゾンデセンサー群の準備ができたら、データが受信できているか確認。そして放球!

今日は、気球が破裂した高度31kmまで、データを取ることができました。
今日の気球、上昇速度はおよそ3m/s。小走りの速度でした。31kmまで長旅をありがとう。(JS)

release

晴れ待ち

2018年7月15日(日):曇り時々雨(のち晴れを希望)

インドネシア・コトタバンにある赤道大気レーダーサイトでは、本日、夕方に、ゾンデ放球をおこなう予定です。
雨や、上空に水雲があるときには、放球できないセンサーがあるため、ときどき空の状況を確認します。

いま、ざんざん降りの雨が降っています。
昨日つるした、てるてる坊主と、自称晴れ男(女)観測員の真価が問われています。

放球予定時間まで、あと4時間。
どうか雨がやみますように。(JS)

Start of intensive observation at Laoag, Philippines

Laoag is a coastal city facing the South China Sea in the northwest of Luzon Island, Philippines. There is a weather station of PAGASA nearby Laoag International Airport, where SYNOP and twelve-hourly radiosonde observations are usually performed.

As a part of the YMC-BSM2018, JAMSTEC, PAGASA, and UP are jointly conducting an intensive observation campaign in July and August of 2018 at the weather station. It consists of six-hourly radiosonde sounding during the two-month period, X-band weather radar observation in August, and inter-comparison of radiosonde sensors manufactured by several companies.

I have visited Laoag and commemorated the start of the campaign by doing a kind of “balloon release” ceremony, using a balloon (with sensor/transmitter) for the first radiosonde observation :P.

The images are (upper left) the Laoag weather station, (lower left) “balloon release” ceremony, and (right) data of the first radiosonde.

SY