Finish of the intensive observation in Laoag

The intensive observation in Laoag, Republic of the Philippines, as a part of YMC-BSM 2018 was successfully finished today. I appreciate all the staffs of PAGASA who participated in this project.

In addition to the 6-hourly radiosonde observation that started on July 1, a mobile X-band weather radar was in operation during the whole month of August, observing lots of convective signals around the city. Actually, monthly rainfall at the Laoag weather station in August is more than 1,000 mm, which is about three times as high as monthly climatology, according to the chief meteorological officer of the station. I look forward to analyzing the observed data to examine intraseasonal variability in rainfall and wind field, as well as diurnal cycle.

At Laoag, JAMSTEC has conducted surface meteorological observation with an AWS system for more than 10 years, which was of course a component of the intensive observation project. Although the project was finished, we continue the surface meteorological observation.

SY

AWS

お知らせ

集中観測のためにインドネシアやフィリピンに出かけていたメンバーが戻ってきたため、滞在中に撮影した写真を “フォト・ギャラリー” のページに掲載しました。

 

 

Note

This is a small note telling some photos taken during the campaigns at Laoag, Philippines, and at Kototabang or Bukittingi, Indonesia have been uploaded in “Photo Gallery” page. Please enjoy.

 

 

 

PAGASA Laoag Synop Airport Upper Air Station

Wednesday, August 1, 2018

Today I left Laoag earlier than my colleagues a little bit.
I enjoyed much my stay there. Of course, in terms of observation we could do what we planned. But frankly speaking, I have another reason for my excitement.
Laoag is a special place for me personally, as I feel like a kind of nostalgia from its name. In Japan, Japan Meteorological Agency broadcasts weather reports for southeast Asia through radio once a day at 16:00 (it used to be three times per day; 09:10, 16:00, and 22:00), so that anyone can draw a weather chart on a blank weather map. A report from Laoag is sometimes sent out only when the report from Basco is not available. When I was a high school student, I drew weather chart for over two years every day. Indeed, I missed to draw only 3 days or so. Anyway, when I could hear the name of Laoag, I thought something happened, and Laoag staff must be happy as their data were reported. Of course, I knew nothing about Laoag itself.
This time, we are conducting our observations at Laoag, and this synop station is our base. Can you imagine how I felt? If yes, you must be a boy who draws your own weather chart.

Dear Mam Cynthia, Chief Meteorological Officer, and her able staff, we deeply appreciate your help for our observations as well as generous hospitality shown to us.
Observations will continue. Please take care of yourself as much as possible and have good days.   (ky)

小僧の聖地

8月1日(水)晴れ、時々小雨

「天気図小僧」という言葉が通じるのかどうかわからない。
深い意味はなく、単に天気図を描くのが好きだった子供、くらいのつもりで使っている。海外に出かけたこともないその小僧にとってラジオから流れてくる気象通報の地点は、どこも一人勝手に有名な場所になっていた。
今では1日に1回しか流れないが、そのラジオ放送に耳を傾けたことがある人ならば、ラワーグという発音に聞き覚えがあるだろう。昔を知っている人にとっては、東経135度、北緯29度の定点観測船と同じくらい特別な場所かもしれない。台湾とルソン島の間にあるバスコからの通報が流れない時だけ呼ばれる町なのである。つまり、天気図用紙には最初から記号を記す白丸がない地点なのである。バスコからの通報が数年に渡って途絶えた時期もあったが、今はバスコからの通報が行われているので、やはりたまにしか呼ばれない地点である。
かつて22時からの放送を毎日聞いて描き続けた天気図小僧にとって、ラワーグは特別な名前だった。そこに立ち、気象台職員の作業を横目に、自らの観測を行うことがあるとは30年以上も昔に想像するわけもない。この滞在中に、ご厚意で1度、準備が整ったラジオゾンデの放球役をさせてもらった。自分で揚げているゾンデとなんら変わらないのに、やはり特別である。気象庁のHPで調べてみると、ちょうどその日はラワーグからの通報になっていた。
西南西の風、風力3、晴れ、07hPa、30℃。

ようやく立ったその場所だったが、他のメンバーよりも数日早く離れる日がやってきた。気象台から歩いて1分もしないラワーグ国際空港から1時間でマニラに戻ってきた。

気象台の皆さん、ご協力ありがとうございます。観測はまだ続きます。これからもよろしくお願い致します。(ky)

 

Day after day

Tuesday, July 31, 2018

We have kept routine work with daytime intercomaprison in addition to 6-hourly soundings. According to the report by PAGASA radar engineer, their mobile radar was set well and could monitor rain area over the SCS. Radar continuous observation will start from tomorrow for one month. NICAM forecast also says we may have a chance of heavy rain in the coming days over the coast or ocean. Thus, we have no heavy cloud and no rain over our site. That is why we continue the intercomparison work day after day. (ky)

ガスが足りない?

7月31日(火)晴れ

今回、観測のターゲットの1つが、強い日射に起因して、毎日夕方から明け方にかけて発達する「日周期降水」の振る舞いを調べることである。こちらにやって来て以降、実際に夕方の雨を経験したのはわずかだが、目的であることに変わりはない。このため、普段ラワーグの気象台では、ラジオゾンデ観測を1日2回実施しているが、7月から8月にかけての集中観測期間中の2ヶ月間は1日4回に強化されている。そして、数日前の報告に書いた通り、我々は現在、異なる機種のラジオゾンデの精度確認のため、複数のゾンデを同時に放球する作業を行っている。つまり、それだけラジオゾンデを行うために、それを飛揚するバルーンに充填するガスも普段より多く必要となる。観測開始前に手配していたが、数日前に発生した豪雨による洪水で手配先がダメージを受け、あと1日分あるかどうかの事態が発生した。比較観測よりも1日4回の観測を優先しよう、そう話した矢先、台長さんから別の会社にコンタクトを取ってとりあえず1日分の2本を確保したとのこと。そしてその30分後にはトライシクル(3輪車)に2本載せて早速やってきた。そんなにすぐに手配できるものなのか?
結局心配したのも束の間、元の計画通りに比較観測も継続した。夜までも。
これまで実施した3機種の比較観測は計13回。予想通りの日射の影響を確認している。ところで、雨は降るのか? (ky)

可搬型レーダー

2018年7月30日(月)晴れ

朝、気象台に着くと、レーダーを載せたトラックが先着していた。PAGASA本部のあるケソン市からやってきた。8月1日からの観測開始を前に、セットアップに2日使う。事前調査で決定した気象台から少し南にある小高い丘の上(かつての大統領の別荘、北のマラカニアン宮殿が湖畔に立つPaoay湖を見渡す)に移動し、事前に引き込んだ電源とつなぎ、少しでも視界の広さを確保するように調整が行われている。夜には設置は完了したとPAGASA本部からやってきた職員から報告を受けた。明日は電波を出して、検定作業が行われる。(ky)

 

Radar has come

Monday, July 30, 2018

 

PAGASA’s mobile X-band multi-parameter radar equipped on a car has arrived at PAGASA Laoag station this morning. Then, they moved to the top of smal hill, where Paoay lake is located on the foot. Its operation will be conducted from August 1 through one month. Currently, PAGASA’s staff are setting up and will conduct calibration tomorrow. (ky)

 

UP has come

Saturday, July 28, 2018

 

The University of the Philippines Prof. Cabrera and her 7 students have visited the PAGASA Laoag Station after a long overnight drive from Quezon. While they learn about observation, some students may pursue to develop correction scheme of radiosonde data for a master thesis. After they listened to a lecture telling overview of the campaign as well as intercomparison experiment, they joined to make a rigging frame for simultaneous launch of three radiosondes. PAGASA Laoag station has been occupied with their young and cheerful energy.  (ky)