使われています!

「みらい」からラジオゾンデ放球テストのブログがありました。その後、3時間ごとの連続観測も開始しています。概要ページにも記してある通り、今回は「みらい」観測に合わせて、フィリピンのレガスピ、パラオのバベルダオブ島、ミクロネシア連邦のヤップの3点でも、通常1日2回行われているラジオゾンデ観測を6時間ごと、1日4回、現地機関の協力を得て実施する計画です。このうち、パラオとヤップが8月6日からこの強化観測をスタートさせています。
「みらい」のデータと合わせて、積雲対流の発達過程を調べるために使うのですが、同時に速報データが、GTS(Global Telecommunication System;全球通信システム)と呼ばれるネットワークを介して世界中に配信され、特に、天気予報の初期値データとして使用されます。観測データを数値モデルに取り込み、数値モデルの値をより現実的な値にすることをデータ同化と呼び、この過程で初期値データが作られます。添付の図は、イギリスにある欧州中期予報センターのウェブサイト(http://www.ecmwf.int/en/forecasts/charts/monitoring/dcover)からダウンロードしたもので、強化観測を始めた2020年8月6日06時(世界時、日本時間の午後3時)とその6時間前の6日00時(日本時間午前9時)、さらには2日前(8月4日)の06時(日本時間午後3時)、それぞれの時間に、彼らのデータ同化に使用したラジオゾンデ観測点を示したものです。日本の南の海上に、3つの赤い点を確認することができるでしょうか? 日本の気象庁を始めとして、一般にラジオゾンデ観測は1日2回(世界時で00時と12時)行われ、06/18時の観測は多くありません。1枚目と2枚目を比べるとその差が容易にわかります。また、観測開始とともに、早速我々のデータが使用されたことも1枚目と3枚目の比較でわかります。
   この図はあくまで欧州中期予報センターの結果ですが、実は今日皆さんが見た・聞いた天気予報には、「みらい」や南の島々で取得されたデータが使われていたかもしれません。現在、新型コロナウイルス禍により、航空機(でも気温など測定しているのでそのデータが使われています)の運航が極端に減少し、観測データも減っています。そんな中、これからの台風シーズンに、我々のデータが少しでも補填して、予報精度維持に寄与することも今回の観測の意義です。(KY)

手放球練習

いよいよ明日から「みらい」MR20-E01航海のラジオゾンデ集中観測が始まります。

ラジオゾンデ観測は、気象センサーが取り付けられた風船を上空に飛ばし、雲・降水
活動に関わる大気環境場のデータを地上から高さ〜20kmまで取得します。

普段はラジオゾンデコンテナ内から機械によって風船を飛ばしますが、悪天候などの
場合手動で風船を飛ばすこともあります。本日の午後は、集中観測準備の一環とし
て、手動放球の練習を行いました。

「みらい」周辺に雲・降水活動が活発化になり、ラジオゾンデ集中観測を待ちに待っ
ているようです。

ARGOフロート投入

出港して5日目になりました。航海に初参加の筆者は毎日、船酔いに苦しんでいるところです。乗船している他の皆さんが平然としているのが不思議でなりません。

さて、昨日はARGOフロートの投入作業がありました。ARGOフロートは海洋を海流にのって移動しながら、プログラム通りに下降、上昇を繰り返して海水温などのデータを取得します。そして、取得されたデータはARGOフロートから衛星を経由して陸上へ送信されます。ARGOフロートは投入された後、数年ほど動作し続けるということです。

ここからARGOフロートはどこかへ戻ることもなく、誰かに回収されることもなく、海洋を漂っていきます。そう考えると何だか寂しいようにも感じられます。それでも、ARGOフロートが取得したデータは、世界中の研究者が大気海洋の現象を解析するのに役立つのだから、それで役割は十分に果たせるのだろう、とARGOフロート投入の作業を見ながら思っていました。

(SS)

「みらい」航海開始!

前日までの梅雨空とはうって変わり、今日は朝から良い天気となりました。東海地方や関東甲信地方では梅雨明け宣言もなされたそうです。

そのような、天候の季節進行としては節目の日の朝9時、研究船「みらい」は静岡市の清水港から出港し、一路、西部熱帯太平洋へと航走をはじめました。YMC-BSM 2020集中観測の要、「みらい」MR20-E01航海のはじまりです。

本航海では、パラオの北方海域に約1ヶ月間滞在して大気・海洋物理観測を行い、雲活動や海洋構造、大気海洋相互作用に関するいろいろなデータを取る予定です。

7月は、台風がひとつも発生しないなど、西部熱帯太平洋では雲活動があまり活発ではない月でした。その間、雲活動をもたらすエネルギーが使われずに蓄えられ続けたことになります。この蓄えられたエネルギーが定点期間中に解放されて雲活動が活発化するのではないか? そうすると、興味深い現象をたくさん観測で捉えられるのではないか? と今から期待が膨らみます。

航海は、もちろん安全第一です。特に今航では、新型コロナウイルス感染症が収束の兆しをみせない現状を受け、感染症対策にも万全を期して観測に臨んでいきます。

(SY)

お知らせ

集中観測のためにインドネシアやフィリピンに出かけていたメンバーが戻ってきたため、滞在中に撮影した写真を “フォト・ギャラリー” のページに掲載しました。

 

 

小僧の聖地

8月1日(水)晴れ、時々小雨

「天気図小僧」という言葉が通じるのかどうかわからない。
深い意味はなく、単に天気図を描くのが好きだった子供、くらいのつもりで使っている。海外に出かけたこともないその小僧にとってラジオから流れてくる気象通報の地点は、どこも一人勝手に有名な場所になっていた。
今では1日に1回しか流れないが、そのラジオ放送に耳を傾けたことがある人ならば、ラワーグという発音に聞き覚えがあるだろう。昔を知っている人にとっては、東経135度、北緯29度の定点観測船と同じくらい特別な場所かもしれない。台湾とルソン島の間にあるバスコからの通報が流れない時だけ呼ばれる町なのである。つまり、天気図用紙には最初から記号を記す白丸がない地点なのである。バスコからの通報が数年に渡って途絶えた時期もあったが、今はバスコからの通報が行われているので、やはりたまにしか呼ばれない地点である。
かつて22時からの放送を毎日聞いて描き続けた天気図小僧にとって、ラワーグは特別な名前だった。そこに立ち、気象台職員の作業を横目に、自らの観測を行うことがあるとは30年以上も昔に想像するわけもない。この滞在中に、ご厚意で1度、準備が整ったラジオゾンデの放球役をさせてもらった。自分で揚げているゾンデとなんら変わらないのに、やはり特別である。気象庁のHPで調べてみると、ちょうどその日はラワーグからの通報になっていた。
西南西の風、風力3、晴れ、07hPa、30℃。

ようやく立ったその場所だったが、他のメンバーよりも数日早く離れる日がやってきた。気象台から歩いて1分もしないラワーグ国際空港から1時間でマニラに戻ってきた。

気象台の皆さん、ご協力ありがとうございます。観測はまだ続きます。これからもよろしくお願い致します。(ky)

 

ガスが足りない?

7月31日(火)晴れ

今回、観測のターゲットの1つが、強い日射に起因して、毎日夕方から明け方にかけて発達する「日周期降水」の振る舞いを調べることである。こちらにやって来て以降、実際に夕方の雨を経験したのはわずかだが、目的であることに変わりはない。このため、普段ラワーグの気象台では、ラジオゾンデ観測を1日2回実施しているが、7月から8月にかけての集中観測期間中の2ヶ月間は1日4回に強化されている。そして、数日前の報告に書いた通り、我々は現在、異なる機種のラジオゾンデの精度確認のため、複数のゾンデを同時に放球する作業を行っている。つまり、それだけラジオゾンデを行うために、それを飛揚するバルーンに充填するガスも普段より多く必要となる。観測開始前に手配していたが、数日前に発生した豪雨による洪水で手配先がダメージを受け、あと1日分あるかどうかの事態が発生した。比較観測よりも1日4回の観測を優先しよう、そう話した矢先、台長さんから別の会社にコンタクトを取ってとりあえず1日分の2本を確保したとのこと。そしてその30分後にはトライシクル(3輪車)に2本載せて早速やってきた。そんなにすぐに手配できるものなのか?
結局心配したのも束の間、元の計画通りに比較観測も継続した。夜までも。
これまで実施した3機種の比較観測は計13回。予想通りの日射の影響を確認している。ところで、雨は降るのか? (ky)

可搬型レーダー

2018年7月30日(月)晴れ

朝、気象台に着くと、レーダーを載せたトラックが先着していた。PAGASA本部のあるケソン市からやってきた。8月1日からの観測開始を前に、セットアップに2日使う。事前調査で決定した気象台から少し南にある小高い丘の上(かつての大統領の別荘、北のマラカニアン宮殿が湖畔に立つPaoay湖を見渡す)に移動し、事前に引き込んだ電源とつなぎ、少しでも視界の広さを確保するように調整が行われている。夜には設置は完了したとPAGASA本部からやってきた職員から報告を受けた。明日は電波を出して、検定作業が行われる。(ky)

 

さらに賑やかに

7月28日(土)晴れ、夕方雨

 

YMC科学運営委員も務めるフィリピン大学のカブレラ先生と7名の学生が気象台にやってきた。実際の観測現場を見学する機会の提供だけではなく、今後、比較観測の結果を使って補正法の開発に何人かの生徒は関わり、修士論文の一部にもしようとしているためである。また、今回、このような意義と方法を学ぶことで、今後フィリピン国内の他のPAGASAステーションのデータに対して、彼ら自身が直接かかわって処理することも期待している。
大学のあるケソン市から7時間のバス移動で到着したばかりで、疲れているはずだが、先生の前だからか、まじめに講義を受け、作業にも手を出した。3台のラジオゾンデを同時に飛揚するための枠を一緒に作ってもらった。ワイワイ仲良くやっている。あと10個は作ってもらうよ、とは伝えてある。 (ky)

 

無事観測が終わりました!

2018年7月28日(土)快晴

昨日の夜間観測が無事終わり、予定していたすべての観測が終わりました。サポートしていただいた現地の皆様、バンドンから来ていただいた皆様、パダン大学の皆様、本当にありがとうございました。
写真は、Sさんのレクチャー後の集合写真、観測最終日に学生や現地スタッフと撮った写真、ミーゴレンタレットスペシャルです。(tk)