ブキティンギの食事

2018年7月17日(火):晴れ

今回の観測期間中の食事は、ブキティンギの町で頂きます。朝食はホテル、夕食は近くのレストランです。Pre-YMCの際にSさんが開拓したお店を、今は巡っています。写真はホテルの朝食(食べかけですみません)と、15日の夕食で食べたゼリーとボロネーゼです。(tk)

 

ゾンデセンサー放球!

2018年7月16日(月):曇り時々雨のち晴れ!

てるてる坊主&晴れ男(女)観測員が本領を発揮し(?)、午後、雨は無事上がり、ゾンデセンサーを放球できました!

観測当日の準備は、放球時間の2時間ほど前から開始。各ゾンデを調整し、ひとつに組み上げます。
ある程度組み上げたら、空をみて放球可能か確認。気球の準備(水素ガス入れ)を開始するか判断します。
気球とゾンデセンサー群の準備ができたら、データが受信できているか確認。そして放球!

今日は、気球が破裂した高度31kmまで、データを取ることができました。
今日の気球、上昇速度はおよそ3m/s。小走りの速度でした。31kmまで長旅をありがとう。(JS)

release

晴れ待ち

2018年7月15日(日):曇り時々雨(のち晴れを希望)

インドネシア・コトタバンにある赤道大気レーダーサイトでは、本日、夕方に、ゾンデ放球をおこなう予定です。
雨や、上空に水雲があるときには、放球できないセンサーがあるため、ときどき空の状況を確認します。

いま、ざんざん降りの雨が降っています。
昨日つるした、てるてる坊主と、自称晴れ男(女)観測員の真価が問われています。

放球予定時間まで、あと4時間。
どうか雨がやみますように。(JS)

試験放球

2018年7月14日(土):晴れ時々くもり

本日は、受信機の挙動を確認するため、試験放球を行いました。観測は無事成功し、高度30kmまで到達しました!

もう1枚の写真は、初日に食べたパダン料理です。(tk)

インドネシア・赤道大気レーダーサイト到着

2018年7月13日(金):雲が見えるも基本的には晴れ

 

初めて赤道大気レーダーサイトに来ました。信楽のMUレーダーに比べると、より間近に八木アンテナを確認することが出来ます。今日ー明日は受信機等の設置を行い、明後日から観測開始予定です。もう1枚の写真は航空機内で食べた限定アイスです。(tk)

YMC-BSM 2018 開始

YMCにおける集中観測の1つ ”YMC-BSM (Boreal Summer Monsoon study in) 2018” が7月1日より始まりました。北半球夏季の東南アジア域に見られるモンスーンをテーマに、パラオ、フィリピン、インドネシア、ベトナムの各地において、現地機関と協力しながら、各種観測を行います。

2017年11月から2018年1月にかけてインドネシア・ベンクルを中心に実施した集中観測 YMC-Sumatra 2017 では、ベンクル陸上サイトや海洋地球研究船「みらい」船上に、JAMSTECを始めとする多数の研究者が日本から参加しました。しかし今回は、対象領域も広いため、JAMSTECメンバーが各地に飛び、準備を整えた上で、現地協力者が実際の観測を行うスタイルが中心となります。このため、比較的短期滞在となり、当ブログでも、どこかのサイトから続けて報告が届くのではなく、各地から、時には帰国してから、ぽつぽつと届くことになりそうです。

フォト・ギャラリーのページにまとまって観測風景が載ることも予想されますので、そちらもご覧ください。

(KY)

 

いつもの風景

1月16日火曜日、現地時間の朝6時半のラジオゾンデ放球が、2ヶ月間に及ぶ集中観測の最後となりました。その後、現地に滞在していたJAMSTEC職員は、BMKGやBPPTの職員とともに、データ回収や測器の撤収作業を行いました。中には100㎞離れたエンガノ島までフェリーで渡り、自動地上気象観測装置を0泊3日(船内で2泊)で撤収した作業も含まれます。こうして、1月19日には、今回の集中観測のために特別に展開した機材はすべて片付けられました。最後まで現地に残っていた研究者も1月20日土曜日には無事帰国し、これをもって、本当にYMC-Sumatra 2017集中観測期間が終了した、と宣言できることになりました。

観測に参加した研究者や技術員、学生の皆さんはもちろん、数値予報を出し続けたモデル班、後方支援の事務の方々、観測許可取得に奔走してくださった文部科学省、外務省、在インドネシア日本大使館、そしてインドネシアのBMKG、BPPT、研究技術高等教育省、防衛省、外務省など政府関係機関、ベンクル州政府と地元関係機関の皆さん、改めてご協力に感謝致します。観測は毎回そうですが、研究目的があり、よいデータを取得するために、計画立案・準備と進むのですが、なにより大事なことは事故なく終えることです。今回も達成することができました。まして、今回は大規模場の特徴としてはラニーニャ現象の発生した状態での観測となり、2015年に実施したpre-YMCキャンペーンとは異なる様子をいくつも捉えることにも成功しています。研究者は解析や数値モデル研究を進め、このデータの意味するところを明らかにしてゆきます。

写真は16日の朝に集中観測が終了したその数時間後、現地空港測候所の職員によるパイロットバルーン観測の様子です。ラジオゾンデ観測は1日8回から00Zと12Zの1日2回に戻り、06Z(現地の正午過ぎ)には、こうして色のついたバルーンだけを放ち、方位角と高度角を目で追いながら、上空の風を計測しているのです。当たり前ですが、現地測候所はいつもの風景に戻っていました。帰り、測候所のある空港を飛び立った機内から、稜線に沿って発達している雲が見えました。今回は会う機会がやや少なかったものの、これも、いつもの風景です。(KY)

IOP Ending イヴ

2018年1月15日(月) 晴れ

 

YMC-Sumatra 2017 集中観測期間もいよいよ明日が最終日です。
1日早いですが、集中観測に協力してくださった地元の州政府、海軍、警察、港湾当局、空港当局、さらにラジオゾンデやレーダー観測などを担当した気象・気候・地球物理庁(BMKG)の各セクションの職員はもちろん、技術評価応用庁(BPPT)やベンクル大学の教員と学生、そして複数の地元メディアまで総勢50名を超える参加を得て、IOP報告会を開催しました。冒頭、観測風景のスライドショーが流れた後で、BMKG研究開発センター局長のUrip博士から、今回特に主要活動となったラジオゾンデ観測について、各種統計情報(到達高度分布や、最低・最高到達高度に達した担当者の発表-ただし、別にそれで良し悪しが言及されるわけではありません!)を交えて順調に観測が行われたことの報告がありました。JAMSTECからは、YMC研究コミュニティを代表して、最初のIOPが事故・トラブルなく終わろうとしていることに謝意を示すと同時に、初期解析結果を数例提示し、最後に今後の活動予定を紹介しました。今後発表される多数の論文によって、ブンクル(※)の名は有名になるであろうことを、そしてまた、近い将来ブンクルに成果還元となる成果を持って報告会を行うために研究者が戻ってくることを。報告会最後には、参加・協力の証として、謝意を記した証明書が各機関の代表者に手渡され、記念撮影が幾度も行われました。(KY)

※ … 集中観測の行われた “Bengkulu” は、日本語表記では一般に「ベンクル」と記されます。しかし、実際の発音は「ブンクル」に近いです。このため、本ブログにおいても、現地に赴いた研究者からの投稿記事では、しばしばベンクルではなく、ブンクルとしたためられています。ご確認ください!

現地報道

昨日(12月27日)、ベンクル測候所では、現地メディアを対象としたプレス発表が行われました。
ここまで順調にデータが取得されている状況を踏まえ、参加機関の1つインドネシア技術評価応用庁が企画して、気象・気候・地球物理庁ベンクル測候所とJAMSTECも加わり、地元へのアピール活動として行われました。YMCではアウトリーチを主要活動の1つとして、特に地元への成果の還元を重視しているのです。そもそもなぜベンクルという町が国際プロジェクトの実施場所に選ばれたのかという話から、集中観測の開始から1ヶ月以上経ち、どのようなデータが得られているのか速報結果の紹介、さらには実際の観測現場にも立ち会ってもらい、活動を紹介しました。メディアに加え、地元の大学生も見学にやってきました。その様子は、早速新聞やインターネット上の記事や動画などで配信されています。確認したサイトのいくつかを紹介します。ただし、いずれもインドネシア語(一部英語)です。 (KY)

Bengkulu News – ベンクルニュース(紹介記事)
(http://www.bengkulunews.co.id/pengaruhi-perubahan-iklim-dunia-jamstec-riset-fenomena-cuaca-bengkulu)

Kompas TV Bengkulu – コンパステレビ(動画)
(https://youtu.be/yyhgMO5UVLM)

 

ようこそみらいへ。

ジャカルタ入港中のみらいに観測の様々な支援をしてくださったBPPTおよびBMKGの皆様が訪問してくださいました。今回の観測航海の首席研究者・横井さんから支援に対する感謝と観測協力継続の重要性が伝えられました。船内見学では、みなさんが熱心に質問も交えて参加されていました。

モテサク